お問い合わせTwitter

愛しの衣装ケース(引き出し式)

復興市場オープン前日の5月23日、僕は気仙沼に本社があるクボホームセンターに電話をしました。

クボホームセンターへの電話はこれで三度目。
一度目は(復興市場の)資料を送らせてくださいという挨拶の電話。(胡散くさく思われて当然)
二度目はその返事を聞くため。

5月19日の二度目の電話で、新しい取引を丁重にお断りをされた主な理由は、気仙沼付近の物流、特に契約する佐川急便の業務が立ち直っていないからということでした。
集荷に来てくれないので店からの配送がままならないだけでなく、配達に来てくれないのでお店で売るものを営業所まで何回も取りに行かなくてはならない。こんな状態ではとても新しい取引はできない、と言っていました。
ところが翌日5月20日、5月21日から岩手県と宮城県の佐川急便においてこれまで出来ていなかった集配送の再開をするとのプレスリリースが流れました。

5月23日、僕はクボホームセンターに三度目の電話をして、佐川急便が集配送を再開したことから話しはじめましたが、先方からは「いや、そんなことはない。まだ来てくれてない」。
さらに、僕がこんなにしつこく電話する理由は、地元のホームセンターと、特に引き出し式衣装ケースの扱いがあるお店とすぐにでも取引したいからだと話すと、物流に問題がない一関市大東町のお店にも、発注しているものがきちんと入ってこない、と。

同じ気仙沼でも、イオンやダイシン(アイリスオーヤマ)のような大きな会社には入荷されるものが、クボホームセンターのような小さなお店には入ってこない、と悔しがっていました。
値段なら負けないのに。私たちも町のみんなの役に立ちたいのに。

これを読んでいる衣装ケース等の製造や販売に携わっておられる方、今すぐツテを使って、たくさんの引き出し式衣装ケースがクボホームセンターに納品されるようお手伝いしてほしいと思います。その際の配送はヤマト運輸を指定してください。

入荷の件が解消したら僕はまた、愛しのクボホームセンターに電話します。

コメント(3)

  • Suzuka|2011.06.02 22:43

    衣装ケース2セットを、アイリスオーヤマから直送してもらいました。ブログを拝見し、現地にいる人にしかわからない事情って、やはりあるのだなと思いました。

    遠くに住んでいると大手メーカーの送料無料というのはやはり魅力的ではあります。送料の分も物を送れるメリットもありますし。今後は、クボホームセンターさんのような地元の商店街から手渡しで被災者の方々へ届けてもらうシステムもぜひ利用したいと思います。

    三重の地方都市でも、大手ショッピングセンターの出店により町の小さな金物屋さんや魚屋さんがすっかりなくなってしまい、車に乗らないお年寄りはかえって不便だと言っています。現地の方々のためにも、地元商店街の復興を心より願っています。

  • 復興市場|2011.06.02 23:07

    Suzuka様 復興市場、山崎です。コメントありがとうございました。現地も遠方もその中間も、みんなで思いやれたらいいなと思います。なにかのお手伝いになるよう、私たちも頑張ります。

  • 復興市場|2011.06.03 0:37

    Suzuka様 ごめんなさい、言い忘れました。高田へのご支援、重ねてありがとうございます。

コメントする