お問い合わせTwitter

山陽放送のニュースで紹介されました。

お知らせです。

2014年3月12日、18時15分からの山陽放送(岡山県と香川県で放映)のニュース番組「RSKイブニングニュース」内で、復興市場のことが紹介されました。
その映像です。(Youtube)

運営者が取り上げられておりまことに恐縮ですが、よろしければご覧ください。
映像にでてくるハガキに「岡山から支援」と書いてあったり、稀にですが、支援物資の取りまとめをしている方ではない方から復興市場の事務所宛にお礼の電話やお手紙をいただくことがあります。
当方としてはなるべくこれらがどういう支援なのか(全国の方々が購入によって届けられていること)を説明しております。
どうかご理解とお許しをいただけたら幸いに存じます。

コメント(3)

  • 柴田 明範|2014.03.31 21:33

    復興市場 山崎 太郎様、支援を下さる全国の心あたたかい皆様へ
    福島の浪江町から原発事故により何も持たずに避難してそのまま帰れなくなってしまいました。
    いまは私の家の場所は帰還困難区域とされて放射線量が高くて立ち入りも許可を取らなければならない状況のままです。

    そんな復興とは、程遠い福島の現状に理解をして頂き支援を頂く事に心より感謝しています。

    私達原発事故避難者には復興は難しいと思われますが、せめて心の復興が出来ればと思っています。

    そんな時に復興市場様と出会う事が出来て心温まる支援を寄せて頂きましたね、人のあたたかさに感激しています。

    寂しく狭い仮設住宅での生活がいつ終わるのか分からない福島の現状ですが皆様よりの応援を力に頑張りたいと思います。

  • makki|2014.03.31 23:01

    ニュースを拝見しました。被災地は少しずつ復興に向かっていますが、福島のかたがたは、先行きの見えないなかで避難生活が続いているのですね。
    応援の気持ちを伝えられるのは復興市場のおかげです。
    これからも、少しずつでも継続して応援してゆきますので、
    どうぞ希望を持ち続けてください!

  • 年金老人|2014.04.04 20:15

    山崎様
    日々のご苦労に対して本当に頭が下がります。震災の1年半後、三重より車にて宮古から南下致しました。基礎のみの平地、山の様な瓦礫、数百台の廃車の野積み等々、あまりの凄さにシャッターを切るのも申し訳ないと感じたことを思い出します。ここに来てもお役に立てないと悟りました。そのとき”復興市場”を知りました。本サイトが目的を達して閉じられるまで支援させていただきますので続投ください。敬具

コメントする